FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セール開催中!

あっという間に月末、、、

ということで、月末恒例のやさい村セール、7/29(日)まで開催中です!

店内全商品10%OFF!
(※お米、書籍、グリーンパン等のみ割引対象外です)
 
今回のオススメは、水出しもできる『ティーバッグタイプの有機番茶』

冷たい番茶を手軽にお召し上がりになれるので、今の季節に重宝しますね♪

熟成による旨味が特徴の「有機番茶」をぜひお試しになられてください(^^)/

有機無双番茶TB
スポンサーサイト

モロヘイヤヌードル

じわじわと人気が出てきている、ノンフライのモロヘイヤヌードル。

けっこう麺に色が付いていますが、着色料も入っていません。

聞くと、1袋(2ヶ入)に、無農薬・無化学肥料栽培のモロヘイヤが30枚ほど使われているそう!

これだけ色が付くのも納得です。

コシが強く、つるつるとした食感のモロヘイヤヌードル、ぜひご賞味ください♪
 
モロヘイヤヌードル

☆鹿児島市の自然食品店 やさい村☆
http://www.macro-yasaimura.jp/

☆やさい村 Yahoo店☆
https://store.shopping.yahoo.co.jp/yasaimura/

発色剤の亜硝酸Na

食品添加物には様々なものがありますが、その中でも毒性が強いものの一つに、発色剤として使用されている『亜硝酸ナトリウム(亜硝酸Na)』があります。

これは、ハムやベーコン、ウインナー、サラミ、ビーフジャーキーなど、多くの食品に使用されています。

この亜硝酸ナトリウムを添加すると、筋肉色素(ミオグロビン)と血色素(ヘモグロビン)と反応してニトロソ化合物を作り、これが加熱により安定な赤色色素を形成するので、時間が経ってもきれいな色を保持することができます。

黒ずんだものよりも、きれいな色をしたものの方が美味しそうな感じがしますもんね。。

ただ、その裏には大きな危険性が潜んでいます。

亜硝酸ナトリウムは、食肉に含まれるアミンという物質と体内で結びついて、ニトロソアミンという発ガン性物質に変化することが分かっているのです。

毒性が強く、人間の推定致死量は0.18g~2.5gと言われています。

ちなみに、猛毒である青酸カリの致死量は0.15gなので、危険性はそれほど変わらないと考えられます。

亜硝酸ナトリウムを添加できる量は、食肉製品・鯨肉ベーコンは0.070g/kg以下、魚肉ソーセージ・魚肉ハムは0.050g/kg以下、いくら・すじこ・たらこは0.0050g/kgという基準が設けられているので、急に体調が悪くなることはないと思いますが、これほどの危険性が分かっているものを摂取したくはないですよね。

様々な食品に使用されているので、加工品を購入される際はご注意ください!

意外と知られていない電磁波のコト①

昨年、日本電磁波協会というところで、1級電磁波測定士という資格を取得しました!

何回かに分けて、講座の中でお話しさせていただいていることの中でも、『意外と知られていない電磁波のコト』について少しご紹介させていただきます!

ぜひご参考にされてみてください。

★そもそも電磁波とは??


電磁波とは、
・電場(でんば)
・磁場(じば)
・周波数(しゅうはすう)
の複合語で、可視光や赤外線、紫外線、X線、ガンマ線なども電磁波のひとつとなり、その違いは、周波数と呼ばれる1秒間に何回振動するか?という点になります。

★電磁波の対策方法は??


実は、電磁波には大きく分けて2種類あり、それぞれに適した対策をおこなうことが重要になってきます。その2種類が上でご紹介した、「磁場」と「電場」と呼ばれるもので、それぞれの特徴として

<磁場>
・全方向に広がり、全ての物を貫通する
・ただ、近距離までしか届かない
・遺伝子損傷や内臓疾患、発ガンの可能性がある

<電場>
・物の表面を伝わっていく
・空気中は伝わりにくい
・金属等は伝わりやすい
・自律神経や皮膚表面に変化をおよぼす可能性がある

という点があり、それぞれ

○磁場:「距離」をとる
○電場:「アース」をとる

ことで解決することができます。
ちなみに携帯電話などの電波は、高周波と呼ばれるモノで、この「磁場」と「電場」が絡まり合って伝わっています。

★意外なところから常に発生している電磁波!?


この「磁場」と「電場」、家電などから発生しているのですが、実はそれ以外でほとんど知られていないところからも発生しています。
それが、家中に張り巡らされた屋内配線からの発生です。特に「電場」の影響が大きく、屋内配線一本一本から発生した「電場」が、床や壁に伝わり、その上に座ったり、寝たりしている人の表面も覆ってしまっているのです。

★家の中でも特に注意が必要なところ!


家の中で一番注意が必要なのが、2階にある寝室やこども部屋。
1階と2階の間に通った電気配線から発生している「電場」の影響を受けやすく、実際に測定してみると、基準値よりも大幅に高い値を示すことが多いです。

寝室の電場の値が高くなっていると、寝ている間ずっと、身体の表面が帯電してしまうことになり、その影響で不眠やなかなか疲れが取れないなどの原因になったり、アトピーや皮膚疾患などの修復に時間がかかったりする場合があります。もしこのような症状が長く続いているようであれば、一度「電磁波」の影響も考えてみてもいいかもしれません。

もし、寝室やこども部屋の「電場」が高い値であっても部屋のレイアウトを変えたり、アースをとって電場を逃がしてあげることで対策が可能ですので、気になることがありましたら、お気軽にご相談くださいませ!

また、講座では、実際に測定器を使ってパソコンから発生する電磁波の測定もおこないますので、視覚的に電磁波を感じることができると思います。ご興味ありましたらぜひどうぞ。

数人からの出張講座も絶賛承っております♪

ブログリニューアル!

こんにちは!

鹿児島市吉野町の自然食品店 「やさい村」の店長のコータです。

ブログをリニューアルいたしました。

どうぞよろしくお願いいたします!
06 | 2018/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

コータ

Author:コータ
角屋敷浩太(すみやしきこうた)

鹿児島市吉野町の自然食品店「やさい村」店長
日本電磁波協会公認 1級電磁波測定士

1984年生まれ、鹿児島市出身。

大学を卒業後、電器メーカーの半導体エンジニアとして約7年勤務したのち、自然食品店「やさい村」を継ぐために転職。

自身が小学校入学以降、一度も薬を飲んだことがなく、また食べ物の変化により妻の体調が改善したなどの経験から、改めて食の大切さを実感する。

これからを担う若い世代に、食や生活環境に興味をもってもらえるよう、地域のオーガニックマルシェや布ナプキンのお話し会、味噌作り教室などのイベント企画もおこなう。

また、九州各地での講演活動もおこなっており、これまで延べ2,000人以上の方に、食品添加物や食材、調味料、経皮毒、電磁波などの問題について伝えている。

<講演依頼実績>
・鹿児島生協病院様
・鹿児島医療生協様
・かごしま環境未来館様
・鹿児島市 西部保健センター様
・鹿児島市議 小川みさ子様
・NPO法人 生き生きサポートシルバーエイジ様
・株式会社 ハラダ精工様
・天文館 まちゼミ様
・A.P.P ダンスクラブ様
・いちぞの整骨院様
・ピュア・セラピーサロンShanti様
・オーガニック映画祭 実行委員会様
etc.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。